口腔外科

親知らずや顎の痛みで悩んでいませんか?

「顎が痛い」「口を大きく開けられない」「カクカクと顎が鳴る」などの症状が現れるのが顎関節症です。顎関節症を引き起こす原因は様々ですが、その一つに「親知らず」があります。「親知らず」を抜歯することで症状が改善されることもありますが、親不知が原因と特定できないのに抜いてしまうのは危険です。例え「親知らず」が原因だとしてもマウスピース等で顎関節症の症状を改善してから、抜歯するかどうかを検討する方が安全です。

親知らずとは

親知らずとは大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する奥歯であり、正式な名称は第三大臼歯「智歯(ちし)」とも呼ばれています。親知らずは前歯から数えて8番目にあたり、永久歯の中で最後に発育する歯のことです。親知らずは別名を18歳臼歯とも言われ、生えてくる時期は10代後半から20代前半と言われています。時期は人それぞれですが、中には一生涯生えてこない人もいます。

親に知られずに生えてくる歯であることから「親知らず」という名前がついたと言われています。

​抜歯について

「親知らず」は必ず抜かないといけないという事ではありません。抜いた方が良い、もしくは抜くべきな親知らずもあります。

抜かなくても良い親知らず

・上下で噛み合っている

・虫歯や歯周病になっていない

・歯磨きがしっかりできている

・移植の可能性がある

上記にような場合は歯として機能しており特に悪い症状も無く、抜く場合にもリスク(痛み・腫れなど)が伴うので

急いで無理に抜く必要はありません。

抜いた方が良い親知らず

・満足に噛むことができない

親知らずの相手側の歯、上なら下、下なら上の歯、が無かったり斜めに生えていて

満足に噛むことができない場合は抜歯の対象になります。

・歯磨きが十分にできない

1番奥にある歯なので歯磨きが十分に行き届かず虫歯や歯周病になりやすいです。

痛みや腫れを繰り返し引き起こす場合も抜歯の対象になります。

例外としては虫歯になっていたとしても大きくなく、歯としての働きを十分にしている場合は治療をして残すこともあります。

親知らずのよくあるトラブル

1. 歯ぐきが腫れてしまう

2. 手前の歯が虫歯になったり歯周病になる

3. 頬を噛んでしまう

4. 歯並びが悪くなる

5. 手前の歯の歯根を吸収してしまう

親知らずの状態によっては周りの歯への影響など、様々なトラブルが考えられます。

腫れる・痛いなど、いい話を聞いたことがないのが親知らずの抜歯だと思います。

しかし、問題が大きくならないうちに抜歯した方がいいこともあります。

親知らずのトラブルは歯科医師にご相談してみてください。

​顎関節症ついて

顎関節症の代表的な症状としては「顎が痛む(顎関節痛)」「口が開かない(開口障害)」「顎を動かすと音がする(顎関節雑音)」の三つです。このうち一つ以上の症状があって鑑別診断で他の疾患がない病態を「顎関節症」といいます。

​顎関節症の原因

顎関節症はいろいろな原因が考えられますが、歯の噛み合わせの異常によっておこる場合が多いようです。
他にも精神的緊張やストレスがあごの周りの筋肉を緊張させ噛み合わせのバランスが悪くなり、関節に無理な力がかかり顎関節に負担をかけることもあります。また、歯ぎしりも顎の関節に大きな負担をかけます。さらには全身的な問題、例えば生まれつき関節に問題のある方や、関節に外傷を受けたことがあるかなどが原因となることもあります。
顎関節症の原因は1つだけではなく、複数の原因が微妙にからみあい症状がでることが多いようです。

一般的に言われている原因
  • 急激なストレス(精神的な緊張により、筋肉も緊張するため)

  • 歯ぎしり

  • 食いしばり(スポーツ・緊張・寒さなどで歯を食いしばる)

  • 入れ歯や歯のかぶせ物が体にあっていない(噛み合わせが悪い)

  • うつ伏せ寝や頬杖などの姿勢不良(猫背など)

  • 硬いものを噛んだり口を大きく開ける(顎を酷使する)

  • 左右のどちらか一方ばかりで噛む(片方の歯が悪いため反対の歯だけで食べ物を噛む)

  • 唇や頬の内側をかむ癖がある

  • ​顔面打撲・事故などによる外傷的要因

  • 鬱や睡眠障害などの不安因子がある(ストレスで眠れない)

治療方法

顎関節症は噛み合わせを治すことが一番重要です。例えばスプリント(マウスピースのようなもの)を上あごあるいは下あごに入れて、噛み合わせが均等になるようにします。均等になることで顎の関節が正しい位置に戻るので筋肉の緊張がとれて、スムーズに動かすことができるようになります。

さらに必要があれば入れ歯やクラウンと言う、かぶせ物を入れる事で噛み合わせの関係を治したりします。重症の場合は、手術による治療を行うこともあります。

【自分でできる顎関節症の管理方法】

顎関節や筋に痛みがあるときはまずは安静にしましょう。症状を悪化させないためには口を大きく開けずに顎の使いすぎにも気をつけましょう。
顎関節症の症状がある場合は生活習慣の改善をはかり、症状を悪化させないように注意しましょう。

比企郡嵐山町、むさし台の歯医者・歯科|インプラント・矯正歯科・小児歯科

埼玉県比企郡嵐山町むさし台3-27-1

​武蔵嵐山駅7分(徒歩)無料駐車場あり

土・日曜診療あり

Copyright © Musashidai Dentalclinic. All Rights Reserved.